天国に旅立った友へ


君は いつも私のそばにいてくれた

君は 私に何でも話をしてくれた


そんな君が もういないなんて 本当に信じられない

この現実を見ることは 恐かった

小さい頃 君は 施設で日曜学校の訪問を受けて

神様を信じていたと 私は思っている


天に召されていった君は

痛み 苦しみ すべてのものから 解放されて

いつか 君が 作ったたんぽぽの詩のように

飛び回っていると 信じている

御国で 神様の腕の中に抱かれ

露遠の命を持って 自由な生活をしていると

私は 信じている


三十五年間の この世での生活は

辛く 苦しい事 も 多くあったと感じている

沢山の 想い出と共に

君は 天 国 に 旅 立 っ て 行 っ た



btnback.gif btnnext.gif